読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

蒼い魔術師は悪夢を屠る 6


第五章
  
私がアカデミーで受け持つことになった科目は
「魔術術式構築論」と「魔術指揮系統理論」「戦略級魔術術式論」の3つと、
それに付随する実技もだ。

 
翌日から、さっそく講義が始まった。

最初はハンダーが受け持つBクラス
教室に入ってから言う
 
 
ナタリー
「…えー、このたび、このアカデミーに着任しました、ナタリー・H・ノーツです。
よろしくお願いします。
…ではさっそく、戦略級魔術術式論を始めます。」
 
 
授業は淡々と進んだ。
皆、意外と真面目だな。
 
 
「…ここまでで質問はありますか?」

学生も、積極的に質問をしてくる。
 

そんな中に、こんな質問をしてきた学生がいた。
「…自分は魔術師に向いていないのではないか?」と
 
私はある種の、既視感を覚えた。
 
そこで私はこう返した
 
ナタリー
「…皆さん、もう学んでいると思いますが、
一口に魔術と言っても、細分化するといくつもの分野がありますよね?
ここにいる皆さんは、魔術適性があると判断されたから、このアカデミーに入学できています。
そして人には必ず、向き不向きがあります。 
…例えば、私は、「術式を編む」ことは得意ですが、苦手なものがあります。
「略式魔術」です。
略式魔術の利点は、「発動までの速さ」と「魔力の低コスト化」ですが、どちらの利点も、私は上手く活かせていません。
その点、あなた達の担任のシバイ…ドックマン先生は、凄いんですよ。」
 
学生たちは意外そうな顔をしていた。
 
  
そして不意に、教室の空気が変わったのを感じた。
 

 
その後、学生たちからは、矢継ぎ早に様々な質問をされた。

「ノーツ先生は、あの史上最年少で「蒼」の称号を得た魔術師なんですよね?」

「先生はいったいどんな戦果をあげてきたんですか?」

「先生のプロフィールや経歴を聞きたいです!」

「先生はここのOGなんですよね?当時のアカデミーってどんな感じでしたか?」

「…先生はドックマン先生と同期で同い年ですよね?…あの何かご関係とかは…?」
 
  
私は「守秘義務なので」の一点張りで通し、その講義を終えた。
 
学生は、とゆうか若者は、やっぱり好奇心旺盛だ。
魔術適性がある「魔術師候補生」ともなれば、なおさらか。
  
ナタリー
「…これから苦労しそうだな…でも、楽しそうでもあるかな?」

 
f:id:zitumiki:20160304110329j:image


蒼い魔術師は悪夢を屠る 1

蒼い魔術師は悪夢を屠る 2

蒼い魔術師は悪夢を屠る 3

蒼い魔術師は悪夢を屠る 4

蒼い魔術師は悪夢を屠る 5