読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

『どうか、不甲斐ないこの僕に罪を』


『僕』は死神なんだ。

いや、正確には『死者の近親者』の心の中に、無遠慮に、土足で上がり込む奴なんだ。


ご遺体の通報が入ると『僕』はそのご遺体のあるHPまで向かう。


…今回は父を亡くした娘へ、死神として向かう。


ご遺体に、ドナーの意思表示が、
例えば運転免許証とかにあった場合、そのご遺体の健康な臓器を、移植用に引き取らせていただく。


でも、家族としては、十中八九おそらく、
複雑は心境であろう。



罵詈雑言を放たれる場合もあれば、心の整理もできず泣き噦る人に対し質問攻めにすることもある。


…それでも私は、
その臓器提供を受けることで助かる命もあるのも事実。



『生あるものはいずれ死ぬ。
生きているだけで死と戦っているんだから、それとの戦いを自覚して行っているか、いないかの差なんだよ。
…そして、死を否定することは、イコールで 誕生を否定することと同義なんだよ。』


そうだ。そうだよ。僕は人の命を救う、架け橋になっているんだよ。
…そのはずなんだよ。


でもやはり、今日も僕は、人1人を救うために
死者の前へ、死神として舞い降りる。


f:id:zitumiki:20160428195342j:image