灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

古傷と想い出

 

カンカンカンと かなり古びた鐘が鳴る

遮断機の降りる音

 

対面の 線路の向かうで確かに見えた

懐かしい顔

 

f:id:zitumiki:20170925090925j:image

 

美しい思い出は鮮やかに

美化されてゆくようだけれど

 

f:id:zitumiki:20170925091035j:image

 

辛く 苦しい思い出は

いつしか色褪せ薄れゆく。

 

けれども確かに その傷はあった。