読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

檻の外の暗闇の世界を視て

 

過去を引きずり

しがらみに縛られ

足には鉄鎖を嵌められて

その鎖を 確認しながら歩かなければ

転んでしまう。

 

 

或る日突然 檻の鍵は開いた。

 

鍵は開いたが 檻から出ることができなかった。

だって 鉄鎖が付いたままだもの。

外の世界へ出ることなんて できやしない。

 

 

檻の外から一人の人がやってきた。

頭上から その人が話しかけてきた。

 

『 Look at me (私を見て)』

 

f:id:zitumiki:20161218213806j:image

 

 

面をあげて その人を見ると こう続けた。

 

『 私を見て。

足元ばかり見ていては 進めない。その鉄鎖は もう自身の力で外せる。

外へ自由に出ることもできる。 私たちならできる。 』

 

最後まで 自分を檻に閉じ込めていたのは自分自身だったんだ。

 

檻の外は真っ暗でわからない未知の世界

 

それでも この人となら歩いて行けると信じている。