読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

師とミーシャ

 

『何かを得るためには、別の何かを犠牲にしなければならない。

…つまりは対価だ。』

 

私の師はよくそう言う。

 

 

師はこうも言う

『自己犠牲は美徳だ…とは言わない。

ただね、何か劇的に、大逆転を起こすときに、何の躊躇いも無く 自らの身を投げ出すことは、確かに効果的だ。

…君は…私の『ミーシャ』は、その点優れているよ。』

 

当時の私は、師の言葉に返答が見つからなかった。

 

 

 

 

その年の冬、師は亡くなった。

 

後日、師の家族より 私宛の手紙を受け取った。

 

 

 

『私のミーシャ、突然君の前から消えてしまって申し訳なかったね。

正直、君は、私の教え子の中でもなかなか手ごわかったよ。

…器用にこなすようでもあり、本質的に不器用。

君はきっと、今後の旅の中で、理解されないことが多々あると思う。

…でもね、私は君へ最期に、君の師として伝えたいことがある。

君は間違ってなんかいない。

不安や自己嫌悪に陥って、君が自身を嫌いになったとしても

私は君の師として、あの世からもずっと

『私は間違っている』と思っている君を、否定し続けよう。

追伸 今後の君の旅路が、幸せなものでありますように。』

 

 

 f:id:zitumiki:20160719203057j:image

 

 

先生 ありがとうございます。

そして、さようなら。