読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

愚者と女帝と刑死者と 32

オーナーが、
愚者と女帝に向かって
自己紹介をした。


彼女らも驚いていた




驚くと同時、
オーナーの話術に乗せられていく形で
次第に話しが弾んでいった。



僕は、それを端から眺めていた。







そのまま1時間ほど
愚者 女帝 そしてオーナーの3人が話し続けていた。







…いつの間にか打ち解けている…!?









僕の勤務時間は終了。

3人は、今だに、楽しそうに話をしていた。

僕は、3人のテーブルへと近づき、
話に加わろうとした。

しかしオーナーが
『ここは女の花園!男子禁制なのよ♡』と言ってきた。


幼馴染2人にも
追い払われてしまった。






…なんだ…ちょっと、面白くない…!






愚者と女帝からLINEがきた

愚者
『あんたのバイト先のオーナーさん!
面白い人だな!またちょくちょく行くねー』

女帝
『マフィンもコーヒーも美味しかったわ、
私もまた行くわね』


…2人ともそんなにしょっちゅうは、
これないだろうけど
…常連客を2名 ゲットした。