読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

愚者と女帝と刑死者と 2


小学4年生にもなると、なんだか今まで通りにいかなくなった。

それぞれの道を
バラバラに歩み始めていた。


愚者の彼女は相変わらず、厄介だった。
だがそれと同時に幼い頃から好きだった絵を本格的に学びたいと
絵画教室へと通う傍ら、
運動神経も優れていたため
運動もしたいということで、陸上部にも参加した。


女帝はといえば、ある日突然 、トランペットを始めた。
小学校の吹奏楽部に参加する傍ら、
トランペットの個人教室にも通い始めた。

刑死者こと僕も例外ではなく、友達の誘いで野球のスポーツ少年団に入団した。

そんな3人ではあったが
今まで通り 毎日とは言えないが
節目節目には、集まって、くだらない話しをしていた。

やっていることも進んでいる方向も違うのに、自然と話しは弾んだ。