読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

国木田 准教授と”真実”の構成式

 

???

『ところで皆さん?…と言ってもここにいる学生3人へ聞きましょう。

これまでの この”世界の真実”は、どのように成り立っていると思いますか?』

 

 

国木田 均 先生

僕たちの通うこの大学の 考古学専攻の准教授

 

そしてこの大学は 考古学の講義を取る学生はほぼおらず、

今回の講義も 僕と同期生2名を含む 3人しか出席していなかった。

 

同期生のなかでも成績トップクラスの神楽坂 愛がこう答えた。

 

『…それは…この講義のような…考古学的または歴史的な意味なんですか?』

 

彼女ですら疑問系の返答をした。

 

もう一人の出席者 高校時代からの付き合いがある三村 千里は即答で『わかりません!』と小学生のように元気よく答えた。

 

そして次に国木田先生は僕の方を見て

『 伊月くん 君はどう思う?』

 

伊月

『…まず先生の言う”世界”と”真実”…その二つが示すもの…定義を教えてください。…それによって、回答は異なります…』

 

国木田先生は不敵に微笑みながら大きく頷く。

 

f:id:zitumiki:20170202165629p:image

 

 

国木田

『 宜しい。…そうですね。まず歴史も答えになりますが…それだと部分点のみの正答です。

…そして 今 伊月くんがきいた定義を明確にすることは…正直困難です。

私が今言った”世界の真実”は…一般的には歴史をさしますが…

 

…しかし真実の殆どは人の意思によって構成されています。

 

その点を念頭においてください。

「疑え」とは言いません。

けれども情報をただ鵜呑みにせず、自身で調べ 考えることをやめないでください…

…講義から脱線してしまいましたね…

さて 再開します』

 

 

当時の僕たち3人は その話をただポカンと聞いているだけだった。

If あの時”怒り”を我慢しなければ…

今週のお題「私のタラレバ」

 

 

たられば…

『もしあの時 こうしていれば…』という意味ですね〜

 

私は 過去の記事でも書いたかもしれませんが

『If (もし あの時)の 話しはしない』と言う規則を自身へ設けています。

 

 

しかしそれでも いくつもの たられば話しはあります。

 

 

そのうちの一点で

ここ最近 強く思うことがあります。

 

 

端的に話しますと私こと くるーは 八方美人的であり、同時に利用しやすい または利用されやすいたちらしいです苦笑

 

 

そのなかでも 過去の学生時代の卒業生合同発表作成の際のこと

 

私は 合同発表作品作成以外に

やらなければいけないことが、学生代表としてや卒業後のことも含め 

とにかく多々あり とても発表作品づくりへは主軸となって作成に携わることができないほどでした。

 

なのでそのことを同班メンバーへ伝えた上で班を組み、 作成をお願いするも…

 

 

『 …大丈夫 大丈夫! くるーならできるから』と意味不明なことを言ったと思ったら…

 

 

作成期間中

作成班の元へ足を運ぶ度 駄弁ってくだらない話しをしているだけ…

 

 

愕然ですよ!?

 

 

『どこまで進んだ?』ときくと

『 分からない』や『なにやれば良いの?』であったり…

 

その場はとりあえず指示を出し また他へ行って戻ってくると

…なに一つできていない…

 

『 指示されたことが分からない』や『文章がまとめられない』など言っていたり

 

結局 半泣きになりながら自身で(とてもとても陳腐な)作品を作りました。

 

 

その際 結局私は そのメンバーへ

『お前達がなにもやらないからこんなにも酷い作品になってしまったんだよ!』と何度も 何度もキレたかったです。

 

なのに”良い顔をしすぎ”な故にそれができなかった。

 

(今なら”それ”ができると思いますが(ーー;) )

 

 f:id:zitumiki:20170202134418j:image

 

今にして思えば そのメンバーへは怒りよりも憐れみみたいな感じを覚えます。

 

 

くるー

(あの人達はきっと今頃もあの頃と同じように他人を上手く利用してやっているんだろうなー)と

 

 

( ̄▽ ̄)

仰げ 空

 

星の数だけ存在があるように

人の数だけ”違い”がある。

 

その違いの差異が多いか少ないかの差のみ

 

なのに 私たち人間は

どんな生物よりも臆病が故に

違いという名の異物を怖れる。

 

違いを恰も正当性があるかのように 

合理付ける。

 

f:id:zitumiki:20170201212518j:image

 

けれども

それをする人は 実のところ 憐れなのでは?

 

異なるを知ろうと

または

許容しようとしないのだから

瞳の意志

 

あるだけの力をもってして

あるものを見出す

 

本質を見極め 掴め

 

f:id:zitumiki:20170131200459j:image

 

信じてください

その瞳に深くて強い 明かりが灯つように

七竈(ナナカマド)

 

七竈 ナナカマド

 

くるーの過去のスナップから抜粋

 

f:id:zitumiki:20170128202937j:image

 

比較的 日常的に目にする機会が、昔からあり

また ファンタジーもの作品だと 意外とキーの一つとなる植物 七竈

 

 

花言葉も 神話が由来だとの説が有力だそうです。

 

七竈(ナナカマド)の花言葉

『慎重』『安全』『私はあなたを守る』『懸命』

『 左利きの手引き人 』

 

『夢は叶った。…だからもう良い』

 そう思っていた。

 

叶ったからこそ諦められた。

もう良いと思えた。

 

…けれども諦めさせてはくれなかった。

 

それをしたのは

私の夢を叶えさせてくれた 男の子

 

f:id:zitumiki:20161204202512j:image

  

その男の子が与えてくれたものは

私にはあまりにも残酷で 冷徹無慈悲で

それでも美しくて

 

私に未練を生まれさせた。

 

足掻いた

もがいた

泣き喚いた

 

 

苦しく辛く それが続いて

毎日毎日 眠れなかった。

 

さいごの邂逅で

男の子は『ごめん』と一言

あまりにも悲痛の表情で言った。

 

それでも 私は

夢を叶えてくれて

それでいて

こんなにも沢山を 与えてくれたその男の子へ

感謝の想いで いっぱいだった。

 

 

 

 

寒さと再自覚

 

厳しい寒さは身体を冷やす

 

f:id:zitumiki:20170123233530j:image

 

冷えた身体は

”この身体が自分のもの”だと改めて自覚させられる。

 

一人でも