読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

仰げ 空

 

星の数だけ存在があるように

人の数だけ”違い”がある。

 

その違いの差異が多いか少ないかの差のみ

 

なのに 私たち人間は

どんな生物よりも臆病が故に

違いという名の異物を怖れる。

 

違いを恰も正当性があるかのように 

合理付ける。

 

f:id:zitumiki:20170201212518j:image

 

けれども

それをする人は 実のところ 憐れなのでは?

 

異なるを知ろうと

または

許容しようとしないのだから

瞳の意志

 

あるだけの力をもってして

あるものを見出す

 

本質を見極め 掴め

 

f:id:zitumiki:20170131200459j:image

 

信じてください

その瞳に深くて強い 明かりが灯つように

七竈(ナナカマド)

 

七竈 ナナカマド

 

くるーの過去のスナップから抜粋

 

f:id:zitumiki:20170128202937j:image

 

比較的 日常的に目にする機会が、昔からあり

また ファンタジーもの作品だと 意外とキーの一つとなる植物 七竈

 

 

花言葉も 神話が由来だとの説が有力だそうです。

 

七竈(ナナカマド)の花言葉

『慎重』『安全』『私はあなたを守る』『懸命』

『 左利きの手引き人 』

 

『夢は叶った。…だからもう良い』

 そう思っていた。

 

叶ったからこそ諦められた。

もう良いと思えた。

 

…けれども諦めさせてはくれなかった。

 

それをしたのは

私の夢を叶えさせてくれた 男の子

 

f:id:zitumiki:20161204202512j:image

  

その男の子が与えてくれたものは

私にはあまりにも残酷で 冷徹無慈悲で

それでも美しくて

 

私に未練を生まれさせた。

 

足掻いた

もがいた

泣き喚いた

 

 

苦しく辛く それが続いて

毎日毎日 眠れなかった。

 

さいごの邂逅で

男の子は『ごめん』と一言

あまりにも悲痛の表情で言った。

 

それでも 私は

夢を叶えてくれて

それでいて

こんなにも沢山を 与えてくれたその男の子へ

感謝の想いで いっぱいだった。

 

 

 

 

寒さと再自覚

 

厳しい寒さは身体を冷やす

 

f:id:zitumiki:20170123233530j:image

 

冷えた身体は

”この身体が自分のもの”だと改めて自覚させられる。

 

一人でも

 

 

冷たい私の忘却記憶

 

不可逆の時

変わる 変わる

 

季節巡れど

同じ時は訪れず

 

普遍物 皆無

 

思い出せなくても良い

思い出さなくてもいい 

f:id:zitumiki:20170120210543j:image

 

同じは二度と

訪れまい

 

覚えていたい

ことあれば

忘れることも必要で

 

ただ 唯一

その時を

体験した

その自分の 感情・感覚 それらの気持ち

 

微かに残っていてくれて

時折 香りのように おもいだす

 

それができれば

 

私はホントに

それでいい。

伝えられないのが初恋?

今週のお題「恋バナ」

 

恋バナの一つでもある”初恋ネタ”

 

皆さんの初恋はいつですか?

友人たちとのこの手の話になると

『 小学校の頃のS君!』や 『幼稚園の〇〇先生』など など…

私 くるーの初恋はおそらく”遅い”方?なのではと

 

くるーの初恋相手は小学校からの友人…そして私は中学二年生 相手は先輩 仮に”Mさん”としましょう

(学年は一つ上です)

 

比較的 群れない人であった中学時代のくるーは、

当時 部活の先輩にあたるMさんを含む 複数名のみとで動くのみでした。

 

それまでは頼れる仲間と言った認識であったMさんに対し

”あること”がきっかけでMさんを異性と見て意識してしまうようになってしまいました。

 

それは部室の一角兼 更衣室も兼ねていた空部屋で

居残りを終えて そこで一人で着替えをはじめようとすると

棚の陰からMさんが出てきて

私を見てギョッとした表情をしました。

 

Mさん

『…悪い! 悪いっ …』と言いながらまた奥の棚へ消えて行きました。

 

私 くるーは この当時 Mさんのこの反応の意味がわかりませんでした。

(ちなみに くるーの状態は 上半身”ほぼ裸”)

とは言え 恋とか異性とか、少なくとも当時のくるーは認識が皆無でした笑

 

性教育等うけていて、尚且つ思春期真っ只中なのに何故なのかは未だに謎です-_-b

 

 

Mさんは純情キャラ的な人で 下ネタとかが出ても話へ入らないタイプの人でした。

 

Mさんは『…着替え終えたか?』と言って更衣を終えた私は『大丈夫っすよ』と返すと、赤面しながらMさんが出てきて思わず

『なんで顔がこんなに赤いんすか?!』と尋ねると

 

Mさん

『…おまえ…前から思ってたけど 気をつけろよ…』

 

後から聞いた話によると

Mさんはその後 罪悪感で一週間ほど気が滅入っていたとのことでした苦笑

 

かなり鈍感なくるーは

この時初めて”異性”という概念をなんとなく理解して…

そこから何故か?Mさんのことが気になりだして

いつの間にかMさんのことが好きになって…

 

そんな日々もMさんが中学卒業と同時に 他県の高校へ進学することで

結局は、そのまま想いを伝えることもできないまま終わりました笑

 

 

 f:id:zitumiki:20170119222347j:image

 

恋に限らず 想いを伝えるのって 難しいですね