読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

国木田 准教授と”真実”の構成式

 

???

『ところで皆さん?…と言ってもここにいる学生3人へ聞きましょう。

これまでの この”世界の真実”は、どのように成り立っていると思いますか?』

 

 

国木田 均 先生

僕たちの通うこの大学の 考古学専攻の准教授

 

そしてこの大学は 考古学の講義を取る学生はほぼおらず、

今回の講義も 僕と同期生2名を含む 3人しか出席していなかった。

 

同期生のなかでも成績トップクラスの神楽坂 愛がこう答えた。

 

『…それは…この講義のような…考古学的または歴史的な意味なんですか?』

 

彼女ですら疑問系の返答をした。

 

もう一人の出席者 高校時代からの付き合いがある三村 千里は即答で『わかりません!』と小学生のように元気よく答えた。

 

そして次に国木田先生は僕の方を見て

『 伊月くん 君はどう思う?』

 

伊月

『…まず先生の言う”世界”と”真実”…その二つが示すもの…定義を教えてください。…それによって、回答は異なります…』

 

国木田先生は不敵に微笑みながら大きく頷く。

 

f:id:zitumiki:20170202165629p:image

 

 

国木田

『 宜しい。…そうですね。まず歴史も答えになりますが…それだと部分点のみの正答です。

…そして 今 伊月くんがきいた定義を明確にすることは…正直困難です。

私が今言った”世界の真実”は…一般的には歴史をさしますが…

 

…しかし真実の殆どは人の意思によって構成されています。

 

その点を念頭においてください。

「疑え」とは言いません。

けれども情報をただ鵜呑みにせず、自身で調べ 考えることをやめないでください…

…講義から脱線してしまいましたね…

さて 再開します』

 

 

当時の僕たち3人は その話をただポカンと聞いているだけだった。