読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

『 左利きの手引き人 』

 

『夢は叶った。…だからもう良い』

 そう思っていた。

 

叶ったからこそ諦められた。

もう良いと思えた。

 

…けれども諦めさせてはくれなかった。

 

それをしたのは

私の夢を叶えさせてくれた 男の子

 

f:id:zitumiki:20161204202512j:image

  

その男の子が与えてくれたものは

私にはあまりにも残酷で 冷徹無慈悲で

それでも美しくて

 

私に未練を生まれさせた。

 

足掻いた

もがいた

泣き喚いた

 

 

苦しく辛く それが続いて

毎日毎日 眠れなかった。

 

さいごの邂逅で

男の子は『ごめん』と一言

あまりにも悲痛の表情で言った。

 

それでも 私は

夢を叶えてくれて

それでいて

こんなにも沢山を 与えてくれたその男の子へ

感謝の想いで いっぱいだった。