読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

感情殺人と無神論者

 

『 僕は夜 こころを殺した 』

 

ありふれた日々

特別な不満も無く

だからと言って”幸せ”でもなくて

こんなにも過不足がない日常の中 僕は不意に死にたくなる。

 

 

傷がついても感情を出さず

哀しくても 笑顔で繕う。

 

『 人は不平等が当然である 』

 

命の重さは平等ではない。

 

 

f:id:zitumiki:20170112201638j:image

 

神様なんていない。

 

これは僕の持論

 

仮に神様が実在したとして

神様って 案外なにもできないじゃないかな なんて?

 

 

信じて救われるのならば

 

こんなにも かなしいことが

この世界にあふれているわけがない。