読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

京風車の夢

 

十数年ぶりに田舎へ里帰りをした。

 

仕事は順調、一人で生計も立てつつ、実家の父や弟 妹たちの家計も支えてきた。

 

 

仕事が、予想外に早く片付き 早めの年末年始休暇をもらって帰る。

 

 

実家へ帰ると、父と、 見違えるほど大きく成長した兄妹たちが出迎えた。

 

その夜 父と晩酌をしながら話しをした。

 

『…もう、お前も お前だけの為に…好きなようにしてもよきゃー…

…考えんば、お前にゃ 酷なことばかりを強いてきたのに、おミャーは文句ひとつ言わずに、家を支えてくれた…。ありがとな』

 

父の背中はこんなにも小さかっただろうか?

 

その夜 実家の自分の部屋で寝ていると、不思議な夢をみた。

 

 

 

幼い頃使っていた 茶碗やコップ、お気に入りだった白いワンピース

もう既にこの世からいなくなってしまっていた母

この里の 子供の頃の友達

その友達と 山の夕日が沈むまで夢中になった鬼ごっこ遊び。

 

 

そこで目が醒め、改めて実家の庭を見た。

 

実家の庭の片隅に あまり見慣れない花が咲いていた。

 

f:id:zitumiki:20161210224619j:image

 

京風車…花言葉は…

 

花言葉 『 楽しい想い出 』 etc