読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

亡霊の視線

 

3年前にしろ 5年前にしろ 10年以上前にしろ

忘れたくても忘れることのできない過去って、多かれ少なかれ

誰にでもあると思うんです。

 

もう二度と出会うことも 話すこともないであろう人物から言われた言葉やシーンが、

未だに脳裏をよぎることが度々…

 

私はその人達のことを(失礼を承知の上で)亡霊と呼びます。

 

未だに縛られ続けている私も私ですが

 

亡霊は所詮 亡霊

ないも同然の存在。

 

すぐにはムリでも

忘れてみましょう。

 

某有名医師が言っていました。

『人間は、忘れることが最大の救いなのでは』と…

 

私は間違ってなんかいないと言い聞かせながらも

進むのです。