読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

Lost~僕の欠落~ (短編作)

 

僕はいつも考えていた。

”僕は何の為に生まれ 何を目的に今も生きているのだろう?”かと

 

僕はいつも気がつくと

学校の屋上の鉄柵の外にいる。

 

一度 教師に目撃され

大騒ぎになりかけた。

 

その時の僕は

『いやー!今日は風も気持ちよくて思わず!…おさわがせしましたー』と言って乗り切ったが

今日もまた 気がつくと僕はそこに居た。

 

『…またやっちゃったな。…このまま飛び降りたとしても、まぁ それはそれで…』

僕は独り言で自分へ言い訳をした。

 

その時 不意に、後方から声をかけられた。

 

???

『よー 、相変わらず”悩める少年”かね?…とりあえず、学校の屋上から飛び降り自殺なんて、全国ニュース級の事案は起こさないでね〜…一ノ瀬くん?』

 

一ノ瀬

『…そうゆう三上先生は、学校の屋上でタバコですか?…タバコは身体に悪いんですよ?』

 

三上 夏帆 30代後半

この学校の保健室の先生(養護教諭)だ。

 この学校のほとんどが知っているが、この先生は若い頃、

巷では有名な元レディース幹部の一人だった。

 

三上先生

『…”身体に悪い”か?

…今にも自殺しようとしている奴の言葉とは思えないな?』

そう言いながら、三上先生は手慣れたようにセブンスターに火をつけた。

 

一ノ瀬

『…僕は…”死にたい”のでしょうか?…正直、よくわからないです。』

 

三上先生はタバコの煙を吐いた後、こう言った。

 

三上先生

『…あんたは強すぎるんだよ。ただ、その強さは歪だ。

…大概の子たちなら、ポッキリ振り切っちゃって、楽になれるのに、

あんたは強すぎるが故に、それができない。

…一つ 良いことを教えてやろう…』

 

f:id:zitumiki:20161113231927j:image

 

三上先生

『あんたはまだ子供だ。…法律的、金銭的にも… 

…それ故に あんたは”今自分がおかれている状況”を、自分の力だけでは、決して変えることができない…

…ただね?お前やあたしが望もうが、望むまいが、状況は変わっていく。

お前も時が経てば大人になる。

…その頃には色んなものが変わっている。

…そして、お前が今、目の前の選択肢を選び続けた後に、お前の未来…

…若しくは…”お前の生きる意味”がある。

…生きる意味ってものは、与えられるものじゃない。自分で選択し、勝ちとるものだ…

…ただし、どんな形であれ 生存していることが大前提だけどな。』

 

一ノ瀬

『…僕は…その”意味”を見つけられますかね?』

 

三上先生

『そんなの当たり前じゃねーか!…まぁとりあえず今は”場つなぎ”でもいいから陳腐な意味でも生きてりゃ良いんだよ!…とりあえず、一服するか?』

 

一ノ瀬

『僕は未成年です。吸いませんよ。

…先生?本当に貴方はそんなんで教師ですか?…』

 

三上先生

『冗談よ。…まあ保健室でサボるくらいなら良いわよ。…戦略的撤退ってことでね』

 

三上先生はハニカミながら、タバコの吸殻をシガレットケースへ押し込んだ。