読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

魔女の街の”魔女”へ

 

僕が暮らすこの街から

橋を渡ったこの先の街は、通称”魔女の街”

 

この橋を渡り、その街へ踏み入れたものは

二度ともどっては来ないと言う。

 

 

僕が10歳の時、6歳年上の兄が

『男は度胸だ!』と悪ノリし、橋を渡り、魔女の街へ行ったきり、戻っては来なかった。

 

 

母は、三日三晩 泣き続けた。

 

f:id:zitumiki:20161017220437j:image

 

 

”魔女の街”の方角は、常に雲に覆われている。

 

 

僕は、兄を奪った”魔女”を永遠に憎む。

 

 

 

ある時、僕の街へ『異分子研究家』と名乗る団体が押し寄せた。

目的は『魔女の正体を暴くこと』

そして、その研究家はこうも続けた。

 

 

『魔女なんて異分子、この世にあってはならない。この世は、我々、”常人”のみが存在を許されるのだ』と

 

僕はその言い分に、僕はとても違和感を覚えた。

 

確かに僕自身、魔女が憎い。

 

 

だがしかし『存在を許されない』存在なんて、この世にはない。

 

許すとか、許可なんかなくたって

この世に存在してはならないものなんて、無い。

誰からの承認も必要ない。

 

 

だからこそ、この研究家たちは、ものすごく”怖い”存在だなと思った。

 

 

いまだかつて、目にしたことのない”魔女”

 

恐ろしいし、怖い。

 

でも、きっと

それが

存在してはならない理由には、ならない。