読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

此方の俺と、其方の神

 

 

俺の家は、江戸時代から代々続く神社、

『 白狐神社』

…ただ、祀っているのは『狐面』なのだ。

 

 

地域の人達からはお狐さまや、狐の守り神、狐武神さまなどなど、色々な呼び名で呼ばれている。

 

 

育ての親である爺さんからは、物心がついた頃から言われ続けている言い付け。

 

『狐武神様には”此方側”からは話しかけるな。…ただし”其方側”…狐武神様から、もし話しかけられることがあるようなら、それに応じなさい。』

 

 

俺、…篠崎 葵は、ごくごく普通の、現在高校2年生、

後々は、家を…この神社を継ぐために色々と準備をしてきた。

 

 

…秋も深まり11月に入る頃、この地域で奇怪な出来事が少しずつであるが、発生してきた。

 

 

『夜な夜な、甲高い赤子の泣き声が響いた後、翌朝 住民が一人、気が狂う』と…

 

 

正確には、昨日まで普通に話しができていた人が、翌日急に、意識がなくなり、以降、植物人間になってしまうと…

 

 

意識が戻らなくなった人を診た医師たちも口を揃えて、原因不明だと言うばかり。

 

 

日に日に不安な表情をした住人が増えていった中、俺も不安はあったものの、

それでも高校生活を送りながら、神社の仕事も従事してきた。

 

 

ふと、狐面を祀ってある祠へ向かうと、何か違和感を感じた…

 

 

『…なんだ?なにに違和感を覚えたんだろう?』

 

 

???

『…ぃ…ぉい、…おい!そこのお前!』

 

 

『…これは…やっぱり”あれ”だよな…?』

 

???

『…おい!、お前、この神社の者の直系だろう?儂じゃ!…ちと、耳を貸せ!』

 

『…狐武神さま…ですか?…、本当に話しかけて来られるなんて…』

 

でも何故だろう?

不思議と驚きはしなかった。だが、嫌な予感がした…!

 

狐武神

『そうじゃ!…お前もこの土地に今起こっていることを知ってあるだろう?

あれは、儂ら側の存在の仕業じゃ!、儂が始末をしなきゃならんのだが…

…だがどうも、儂を纏うことのできる者は、以前は宗平…お前の爺さんがいたが、今現在はどうも、其方側にはお前さんしかおらんようだな…?

…よし、ゆくぞ!』

 

『…ナニヲオッシャッテイルノデスカ?』

本当にわからない。どうゆうことだ?

 

狐武神

『…なんだ?宗平からは聞いておらんのか?

お前の血筋の者は、儂のような別の世の存在を、自身へ纏うことができるのじゃ。

...宗平の息子…お前の父は、儂の知らぬ間に、この地から蒸発しておるようだしな。

…儂は知っての通り、”狐の武神”…つまりは、魔を制す者だ。

…宗平は数回、自身を依り代に、儂を纏い、魔を制したぞ。』

 

『…で?…つまり俺は、狐武神さま…貴方様の依り代になり、この奇怪な件を解決せよと?』

 

狐武神

『おお!そうじゃ!流石は宗平の孫、飲み込みが早い!…それでは…!』

 

そう言うと、祠の扉が勢いよく全開になり、風が俺を包むと思った刹那。

 

 

f:id:zitumiki:20161001211654p:image

 

『…狐面をつけて、纏を羽織っている以外、なにも変わらないのな。』

しかし脳内に、狐武神さまの声が響く。

 

狐武神

『そうじゃろう。あとはまあ…魔を制しに行くぞ!』

 

『…え?…それってつまり…?』

 

狐武神

『…ん?なんじゃ?』

 

『…って!…俺がその魔を倒しに行くってことですか?!聞いてない!聞いてないです!!』

 

狐武神

『なに、大丈夫。成るように成るじゃ!

…今風に言うと、正義のヒーロー?ってやつじゃ!…ゆくぞー!』

 

『…はぁー…』

 

 

行くしかないか。

これも定め、これも運命。

生きていれば色々とある。

 

それでも、『生きて行く』と決めたなら、なにが起ころうと歩みは止めない。

 

…できることならなんでも…

…生きているのなら、なにがなんでもやってやる。

 

 

篠崎 葵 17歳 

俺はこれから、夜を駆ける。

 

 

 

 

 

 

 

イラストは @caro_p1ctur9s 様より拝借