読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

零時の魔女が嗤うとき

 

『 私達は、時として無力だ。

…何1つ、守ることも、決めることもできやしない。』

 

 

街を守る『番犬』の私達の日常は、いつもこんなものだ。

 

 

『ハンドラー』の役人たちからの指示のみで、私達は動くことができる。

 

逆を言えば、指示がなくては、目の前で 『悪行』が、行われていたとしても、身動きができない。

 

 

 

何が正義か?

何が良いことで、何が悪いことなのか?

 

本当にわからなくなる。

 

 

 

私達は、この街が好きで好きで、

だから、この街で暮らすみんなが幸せになれるよう、

『番犬』として、職務を執行してきた。

 

 

…しかしどうだ?

いつの間にか、私達は『なにを守るため』に、『番犬』の職務を果たしているのだろうか?

 

 

 

私達は、皆 日に日にフラストレーションを溜め込んでいった。

 

 

 

そんな日常の中、『番犬』の同僚から、一枚の古びた紙に、不思議な文様と、

一文が書いてあるものを渡された。

 

紙の一文にはこう書かれていた。

 

『汝、力を欲し、真に受け入れる覚悟のある者、ここに血を浸せ』

 

 

無言で、これを差し出された。

 

同僚は

『貴女に…お願いしたいの…』と、絞り出すように言う声が聞こえた。

 

 

私は、深く呼吸をし、ポケットからバタフライナイフを出し、指先から血をしたたせた。

 

 

 

そこから先、私の意識が消え、再び戻った時

 

 

f:id:zitumiki:20160930202112j:image

 

 

…『ハンドラー』の役人や、『番犬』の仲間たち、

…そして街の住人までもが…誰一人として存在しなかった。

 

 

私は、無数の死体が転がる荒廃した街中に独り、血塗れ姿で立ちすくんでいた。

 

 

そして 街のメインストリートの壁には、赤のカラースプレーで、大きくこう書かれていた。

 

『 This town is a town of witch (この街は、魔女の街だ)』

 

 

 

『そうか、私は…』

 

 

私は嗤いが止まらなかった。

 

 

嗤って、嗤って、嗤って

 

時々 この街を訪れる旅人の命を刈り取り、また嗤う。

 

 

こうして、私の日常は続く。

永劫に。