読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

『痛み』という名の通行料

 

 

親友だと思っていた奴から裏切られた。

 

…いや、裏切りというと正確ではない。

 

勝手に『親友』と思って、勝手に『裏切られた』と思っている。

 

 

つまりは、全部 あたしの思い込み。

押し付け的な考えだったのだろう。

 

 

 

『貴女はいつも、そうやって いろんな人を平然と傷つける。

そして、それを無意識に仕向けて、その上、自覚がないのでしょうけど、『他人が傷つく様』を楽しんでる。

…最低な女ね。』

 

 

 

…そうだね。確かに最低だ。

 

 

『当時のあたし』は、その人からの言葉にも、ああだ、こうだと言い訳をして否定した。

 

 

f:id:zitumiki:20160917193836j:image

 

この景色を一緒に見ていた頃から7年が経ったね。

 

 

7年の時を経て、

もうあなたと話すことは、極端に難しくなってしまった。

 

 

 

 

…あたしは、あなたの『その言葉』にも傷ついたけど

 

我ながら勝手だとは思うが

『傷つけていたことに、傷ついた。』

 

 

 

傷は、どんなに気をつけていても、傷ついたり、他人を傷つけてしまうことがある。

 

 

 

けれども、

その 自身が傷ついた事を基に、

あたしは 今後も人生を歩き続けていく。