読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

知りたくない事は、いつも知ってしまった後

 

タイトルにもあります。

 

『知りたくない事は、いつも知ってしまった後』だということ。

 

 

…もちろん 当たり前ですよね笑

 

 

無知なのも、それはそれで問題があると思いますが、

知りすぎることが、必ずしも良いことだとは、私は思えません。

 

 

…もちろん 知識や知恵はいくらあっても荷物になりませんし、

どんな場面だろうと活かしていくことができると思います。

 

 

 

 

 

 

ここで言う、知りたくない事 とは

 

例えば 人間関係の裏であったり、言動の嘘の真偽であったりetc

 

 

 

 

私ことくるーは、自分からそれらの情報を探ること自体、嫌いですし、

そもそも かかわりたくないのです。

 

 

…なのに、それらとは裏腹に

私の元へ情報が入ってきてしまうのです泣

 

 

f:id:zitumiki:20160706192548p:image

 

 

食事や飲みの席、はたまた職場で、私の都合に関係なくです!

 

 

…自己分析ですが、

おそらく私は『油断されやすい』のではないのだろうか?と。

 

 

だから、ポロっと私へ言ってしまうのではと?

 

 

前述したように、私はこの手の情報にはかかわりたくないので、もちろん誰にも言いません。

 

 

ただ『探り』又は『カマをかけてくる』人は

残念ながらどこにも居ます。

 

 

 

結果が悪くなることが明白な件に関しては、

今までは一貫して『知らない』と言っていましたが、

それでも探りが入ることが度々泣

 

 

そこで私は、1つの対応方法を思いつきました。

 

 

と言っても、それはいたってシンプルな3原則

 

 

 

 

1.虚偽 嘘はつかない

 

2.問題の無い部分の事実のみを話す

 

3.問題ありの事実部分は黙する

 

 

我ながら、小狡いと思います笑

 

でも私、本当に諍いが嫌いなんです。

そのための処世術であります!