読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

愚者と女帝と刑死者と 42


『あの出来事』から1週間
僕は、熱を出して寝込んだ。


高校もバイトも休ませてもらった。


赤髪と銀髪からは、
『ノートとっといてやるから安心して休んでおけー』とメールが入った。



7日目、そろそろ動けるだろうと思い、立ち上がろうとすると、まだ軽いめまいがし、転んでしまった。
その瞬間に『来てやったぞー!』と言う大声とともに
愚者と女帝が、僕の部屋へ入ってくる。


愚者
『…って、何 すっ転げてるの?!相変わらずねー!』


刑死者
『…ふん、相変わらずさ…』


女帝が無言で手を貸してくれて、再びベッドへと入る。


刑死者
『…悪い…』


女帝が真剣な面持ちで、愚者はもどかしい表情のまま、それぞれこちらを無言のまま、見つめてくる。


刑死者
『…えーっと、なに?』


女帝は意を決したように言う。

女帝
『あんたの、1週間前の『出来事』と、それにまつわること、からめるのオーナーさんから全部で聞いたわ…』


刑死者
『…そっか、…お前らも、薄々気づいてはいたんじゃないか…?』


愚者と女帝はそれぞれ、目配せした後に
首を縦に振った。



刑死者
『…僕もね、なんとなく、他の奴らとは違うんだなって思ってはいたんだけどさ、敢えて、その部分を見ようとはしなかったし、何より、認めたくなかったんだと思うんだよね。』


愚者と女帝はまだ無言だ。


刑死者
『…そのー、なんだ?僕って変じゃん?自覚はあったんだけどさ、やっぱり、その…お前らから見ても変だよな?』


愚者
『…あのな、なにを『変』とか『普通』とかって、その基準はなんなんだ?『見えない物差し』で、それを計って、判断しているのなら、それは違うぞ。
それを言うなら芸術家やその卵は全て『変人』だ!』



女帝
『趣味嗜好は人それぞれ、言うならば、マジョリティかマイノリティかで分かれるだけのことよ、それは。
貴方はたまたま、マイノリティなだけ。
それに、私たち3人の関係に、その事に関しては、なんの関係の無い、無関係なもの。
今まで通りの3人組よ。』



僕はなぜか涙が出てきた。

…おそらくこれは、『安心して出てくる類の涙』だろう。



…明日、高校へ行ったら、赤髪と銀髪にも、このことを伝えよう。

…きっと、大丈夫だ。


f:id:zitumiki:20160318203040j:image