読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

愚者と女帝と刑死者と 33

喫茶 からめる 小話 ①
イケメン先輩さんと刑死者


『先輩はその…ゲイなんですよね…?』 

『そうだよ。現在 彼氏 募集中!』 

『…(『彼氏』募集中なんだな?)』

『あ、でもごめんねー』

『??』

『少年君はさ、
なんとゆうか…可愛すぎて、タイプじゃない!』

『…(ひとまずは安心…かな?…そもそも…フラれた…?)』
















喫茶 からめる小話 ②
理系女子先輩と刑死者


『先輩って、リケジョってことですよね?
前 話していた彼氏も、
やっぱり同じ大学の方なんですか?』

『違うわよ。なになに?やっぱり少年も、
そうゆうのが気になるお年頃〜w?』

『いえ…純粋にどんな人なのかなと…』

『…彼は高校生よ…』

『……え!?…』

















喫茶 からめる小話 ③
主婦さんと刑死者


『あのさ少年君…悪いとは思ったけど、
君が、どうして働きながら高校に通ってるか、理由を聞いちゃったんだ…
あのさ…困ったら、お金の事以外だったら相談にのれるからさ…なんでも言ってね…!』

『…ありがとうございます…(たぶん、すごい心配してくれてるんだな…)』



















喫茶からめる小話 ④ 
オーナーと刑死者


オーナーがじっと僕の方を見つめてくる。

『あの、なにか…?』

『今からする話は、与太話程度に聞いてちょうだい…』

『?』

『少年君からさ、『ある独特の匂い』を感じるの…。そして君の幼馴染達からも
同様に、また『違う種類の匂い』を感じたの…』




僕は、オーナーの話の意味が
全くわからなかった。


『そんなに深く、考え込まなくて良いわ。
さっきも言ったでしょう。与太話程度でと…』



オーナーは続けた。
『あ、この後 アポががあったんだったんだわ!お店の方、あとよろしく!』
とそれだけ言い、去っていった。