読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

愚者と女帝と刑死者と 1

 愚者はいつも厄介ごとを持ち込んでくる。

愚者と女帝と刑死者は同い年で同じ地域に住んでいる

親同士の付き合いもあり、いつもは刑死者の家に集まる
 
幼稚園の時、愚者は野良の子猫を拾った。
女帝は当時から大人びていて『誰の家でも飼えないよ』と言い放つ。

刑死者の僕は困っていた。


刑死者の僕は、ダメ元で親に野良猫を飼えないかとお願いした。

やはり ダメだと言われてしまった。

僕と愚者は、ワンワン泣きながら
その野良猫を元の場所へ返してきた。

悲しかった。

女帝はというと、なんだかんだ悲しいようで
うっすらと涙を浮かべていた。


小学校へ上がると
愚者と女帝と刑死者の僕は、毎日一緒に登下校。
帰ると言っても、僕の家へ集まり宿題をし、5時になったら帰っていくのが日常であった。


それは、小学3年生まで続いた。

その間にも、愚者はロクでもないことを言い続け、女帝がそれを適当にあしらう。
刑死者の僕は黙々と宿題をしつつ
時には愚者に対して、うるさいよとか、文句をたれてもいた。

今 考えると、これは とても貴重な時間だったんだなと気づく。