灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

スカートの裾

5月の終わり、週末でにぎわう繁華街、いつもみたいに仕事仲間で飲み終わって、てんでに解散ある人は旦那さんに迎えに来てもらって、 またある人はべろんべろんになった仲間を介抱しながら連れて帰る。私と彼女はいつもみたいに、降りる駅こそ3駅違えど、最寄…

拝啓 "図書館のいばら姫"へ

今週のお題「あの人へラブレター」 5月23日が( こ・い・ぶ・み) つまりラブレターズのなんですね… …初めて知りました…!!! 今回は、直近の恋文を綴りたいと思います、 お相手は… 狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス) 作者: namo …

…おかんっ!!

今週のお題「おかあさん」 母親に、何だかんだ言いつつも成人した今現在では、とても感謝しています。 うちの母(以降 おかん)に関するエピソードは、本当に ネタになるほど多くありますが そのなかでも『感謝しているエピソード』と『笑えるできごと』を紹介…

選んだ方が正しい

過去は変えられない 過去の楔が未だに残っていたとして 時がきたら 立ち向かわなければいけないこともあるし、 手放すか、忘れなくては行きていけない時もあると思うんです。 どちらも間違いはなく そして正しい。 ただし、どちらかを選ぶ必要はあり 選んで…

「服を買うための服が無い問題」の深刻さ

よく冗談ごとのように 「服を買いに行く服が無い」って言葉がありますよね? おしゃれな洋服店に入りたいけれど、その【おしゃれな洋服店】に入るためのそれ相応の服が無いから入れない (大体の場合、正確には入りずらいだけなのだけれども…) 以前、Twitte…

くるー 『 たくさんあるけど簡潔に 』

お題「どうしても言いたい!」 いつもグダグダ長くなってしまうので簡潔に… くるー 『 もう少し周りの人のことを考えろ !』 周りの人のことを想えない、考えない人ほど 周りに助けられていることを知らず、 またそれにすら気づかずに "自分の能力"と思い込…

今日の出来事 Part2

お題「今日の出来事」 出勤直後のバタバタしている際に 珍事一件 憎まれ口をいうけれど、なんだかんだ嫌いになれない人の理由がなんとなく再自覚 なんだかんだ 理由をつけて休んで、もうとっくに退職したと思っていた人が今日付の退職! =お給料は… またま…

マイ・インターン(映画 洋画)

お題「最近見た映画」 『映画館で映画を見る』って …実はここ2年くらいして無いんです。 見たい映画や気になる映画もいっぱいあるんですが…汗 しかし、自宅には映画のDVDがいくつかあり、前回の休日に見た映画がこれ 映画『マイ・インターン』予告編 マイ・…

マイルール

私は私の法則で 読みかけの本を積み重ね 私の法則に法って 付箋を挟む 私の部屋はそうやって 他人から見たら 本が散らかり積み重なった薄暗い部屋に見えるだろう。 唯一 私だけはわかる。 私の心が自由になれる場所

春の歌

今週のお題「わたしの春うた」 春の歌って色々とありますよね。 例えば「さくら」が付く曲名は本当に多いですね ちなみに桜が付く曲の中で私が好きな曲は「いきものががり SAKURA」です! …ですがっ! 私 くるーの「私の春のうた」はこれ! スピッツ / 春の…

子どもの頃の"当たり前"と大人になった今の自分

子どもの頃は当たり前のように 大きくなったら 高校、大学で勉強をして 社会に出たら仕事をして 結婚をして 子どもと家庭をつくる。 というのが 当たり前にできると思っていた。 根拠もなく、また誰からか言われたわけでもないのだけれど それでも それが"当…

私の苦手

褒められるのが苦手 最近、取り分け 今現在の生業を志した学生時代から 私こと くるー 褒めてもらうことが多かったです。 周りの方々が良い方達だからだとも思いますし、自画自賛ではありますが 私自身、自分にもそれなりに厳しく勉強と業務に従事してきまし…

無法地帯!

お題「今日の出来事」 うちの職場や部署に限らずだろうけれども… くるー 『 どうして管理職の…トップが居ない時に限ってイレギュラーが多発するんだっっ!』 …救急隊員と警察官とを、同じ日に対応し、最後はこの低気圧の関係か?男子記録システムのダウン… …

私の変な癖 笑

私の変な癖 人それぞれ「癖」または「口癖」などそれぞれあると思います。 例えば、私の友人の複数名(男女他わず)は「椅子へ座ると足を組む」という癖や「会話をする際に腕組をしている」などの人がいます。 (ちなみにGoogle先生に「 仕草 癖 心理 」など…

"普通の基準"がどこかへ消えて

〔普通〕 特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。また、そのさま。たいてい。通常。一般に。 広辞苑より引用 最近、耳にして嫌な気分になるフレーズの上位が 『 普通、そうでしょ! 』や『 普通に考えておかし…

蒲公英

進むための理由は、必要じゃない。 けれども 私は理由が欲しい。 理由がなくともやっていけるけど 納得できるところまで やり続けたいのだから

桜 池のほとり Canon Power shot にて撮影 P.S. アルバムの奥から

not exist

電気の箱の郵便箱 開くとあふれ返るほど入ってる。 自分の差し出し開いてみると 書きかけの はたまた 書いたが送っていない。送れない。 宛先のない手紙が崩れて出てきた。 ああ、きっと 宛先が存在しない ただ在るだけの想いが 何処にも届かず 届けず そこ…

ちょうど一年! "一人暮らし2年生"

私こと くるーは、昨年の3月より、 実家を出て現住所へ引っ越し、 人生初の一人暮らしを始めました! 思い返すと「もう一年なのか?!」と驚く反面 「色々なことがあったなー」と思います。 今回は 私 くるーが一人暮らしを始める前の状況から賃貸探し、 一…

糸車

朱から明るみ 陽のぼり 蒼景 揺蕩う白色 緑源 生い 朱 薄れゆき 黒色 覆う 廻れ廻れ 色の世界 色彩の四季 移り行き もひとつまわして 自分の糸を手繰り 進め

ハラスメント

職場で(というか現在の風潮的にもあるけれど) 「ハラスメント」に関する啓示だの、伝達・ニュースを最近よく耳にする。 世の中の風潮的にも、 会社としても「ちゃんとやって(守って)ます!」と言いたいんだろう。 十数年前まではハラスメントと言ったら …

四季の春

??? 『…春は嫌いなの』 年度末で忙しい部署も多々あるとは言え、 現場の一図書館司書の、とりわけ廃れた町の分室図書館に勤める僕たちにはあまり関係なく 今日も来館人数は小学生が複数名、やってくるだけだった。 彼女 "水上澄子"は 暇を持て余したよう…

言の葉

争いの口火を引き立てるのはまず言葉だ 憎悪 嫉妬 正しいと思いこんでいる思想 報復 どれもこれも もとをたどればいつだって これらの感情を煽る扇動者の言葉が すべての始まりなんだ ??? 『 言葉は力…力は使い方を誤れば凶器になる。』 先代曰くなんだろ…

永遠に続くことはないってこと

田園の中 一羽のとりがいつもいる いつも 一羽でそこにいる。 雨でも晴れても関係なく いつも一羽でそこにいる。 ある日田園から一羽のとりは消えていた。 何処へ行ったかわからない。ただそこからはいなかった。 当たり前に続いていくことなんてないはずな…

物申します。 学歴と奨学金について

電車でも、ネットの広告でも… 最近 見るたびにモヤモヤとする広告があります。 それは 『 通学不要! 学歴とって 年収アップ 』的な広告です。 勤めはじめてからは 給料と学歴がほぼイコールであると痛感しました。 特に、適当に仕事をしている人たちが、学…

自己絶望

亡くなる者必ずあり 死は平等に訪れる。 永遠に生きるものなどなく 有限の生であるが故 人は 強くあろうと 強く生きようともする。 理解あるつもりだったけれども まだ足りていないようで 亡くなったことより 故人に "置いていかれてしまった"と思ってしまう…

深海生物

真冬の夜 突き刺すような冷気と 澄んだ空気 それによって遠く 遠くまで見渡すことのできる夜景 時折 車のヘッドライトが ゆらゆらと 泳ぐが如く 流れてゆく 不安 緊張 焦燥感 深海のようなこの中でなら 少しだけだけど 抱きしめていける

ひとつのかたち

いつもの他愛もない会話 いつものつまらない喧嘩 そして仲直りをする それを繰り返していると 「また元通りになれる」と 御都合主義的に、そして自動思考的に考えてしまう。 「いつもいる人、いつもあるものが 絶対に 元に戻る保証なんてどこにもないのに」…

「 強く 楽しく これからも! 」

今週のお題「2018年の抱負」 2018年の抱負は 「 強く 楽しく これからも !」…です …とても曖昧は言葉で書きましたけれど、 様々な含みもあってこの抱負にしました。 理由は… 今年(2017年)は 後悔も、衝突もありながらも それでも 確実に前に歩めたと思える…

『 平和の象徴 』 短編作

今週のお題「芸術の秋」 公園は、毎月第二土曜日に開催されるフリーマーケットで賑わい、少し離れたステージからはピエロと観客の笑い声が聴こえてくる。 ふと空を見上げると、風船が 空へ飛んでいった 近くのファミリーレストランには小さな子を連れた親子…