読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

夜闇入り 夜明け待ち

 

”先人の知識は財”

 

歴史は またその歴史を実際に体験し 語り手となってくれる方は、

ここ数年 年月を重ねるごとに 私が想像していた以上に尊いものであると実感します。

 

 

先人の 歴史を生きた人たちは

今現在へ至るまで

文字通り 血の滲むような努力の積み重ねで

今現在の日本・そして世界が成り立っていますよね。

 

 

先人の それこそ戦時・戦中を体験した方達は口を揃えて類似したことを

私達 若年者へ言います。

 

『私達が生きてきた時代は勿論大変で、それに比べれば ”その時苦労したようなこと”は 楽な時代になった。

…それでもあなたたちの時代は私達とはまた別の難関が多々あるし、もっとでてくると思うよ。』

 

人生の先輩はやはり違いますね(><)

 

またこうも言ってくれます

『…でも だからこそ ”強く生きなさい”

…せめて”生きてさえいれば”なんとかなるのだから』

 

f:id:zitumiki:20170218211248j:image

 

”生きてさえいれば 道は開けるのだから”か

『ドロケイ?』 「ケイドロ!」『ドロケイー!!!』

今週のお題「何して遊んだ?」

 

ここ数日 子ども…特に小学生の子供とかかわる機会が多くて、その(現役)小学生の子どもたちと会話をしながら

つい先日『 昔はこんな遊びをやった!』と言う話題に

 

 

私 くるーはいわゆる『ゆとり世代』にあたる年代ですが、土地柄?なのか アラフォー世代の人たちと大して変わらないような遊びをしていました。

 

色鬼 やこおり鬼 はないちもんめ やダルマさんが転んだ 缶けりもしました。

 

 

そんななか 一つの話題に…

 

”ドロケイ” と ”ケイドロ” 

 

大好きな遊びの一つです♡

 

 

…勿論ほとんど違いは無く 呼称が違うのみですが…

 

やはり分かれました!

 

f:id:zitumiki:20170217214845j:image 

 

”ケイドロ”と”ドロケイ”

 

どうして言い方が分かれるのか…未だに謎です( ̄▽ ̄)

 

砂浜のスニーカーズ

 

意味が無くとも ただ笑い

理由無くとも 楽しくて

 

訳もないのに毎日楽しくて

 

そんなのが

いつの頃からとうの昔に思えてて

 

荒れた道を歩んでて

暑さ 寒さ あるけれど

 

f:id:zitumiki:20170214203506j:image

 

縁取られたこの一コマ

確かにこのひと時は美しい。

”新月からの満ちる月”

 

一人ぼっちがここにいる

ある日の夜

 

一人ぼっちのもの同士が

新月の月夜

二人と出逢う

 

それからは

会うたび会う度

月が満ち

とある満月の夜

 

また出逢う。

 

f:id:zitumiki:20170211204725j:image

 

 

また何か

新しい出逢いの始まりなのだろう。

 

 

fagotto

 

手から溢れるこの想い

いくら 幾つか 思おうと

叶うことないこの想い

 

手に届かぬとわかっても

手に届かぬとわかるからこそ

だから苦しい

 

ぐちゃぐちゃ ぐちゃぐちゃ

塗り潰す

 

次第に色が変わりゆき

いつの間にか 

真っ黒く

 

黒く 暗くなったものは

毒となり

自分も周りも苦しめて

 

傷つけて 傷つけて

傷つけられて

 

f:id:zitumiki:20170206140340j:image

 

それでも

ここに居られるのには

それなりの

理由があるのさ

 

国木田 准教授と”真実”の構成式

 

???

『ところで皆さん?…と言ってもここにいる学生3人へ聞きましょう。

これまでの この”世界の真実”は、どのように成り立っていると思いますか?』

 

 

国木田 均 先生

僕たちの通うこの大学の 考古学専攻の准教授

 

そしてこの大学は 考古学の講義を取る学生はほぼおらず、

今回の講義も 僕と同期生2名を含む 3人しか出席していなかった。

 

同期生のなかでも成績トップクラスの神楽坂 愛がこう答えた。

 

『…それは…この講義のような…考古学的または歴史的な意味なんですか?』

 

彼女ですら疑問系の返答をした。

 

もう一人の出席者 高校時代からの付き合いがある三村 千里は即答で『わかりません!』と小学生のように元気よく答えた。

 

そして次に国木田先生は僕の方を見て

『 伊月くん 君はどう思う?』

 

伊月

『…まず先生の言う”世界”と”真実”…その二つが示すもの…定義を教えてください。…それによって、回答は異なります…』

 

国木田先生は不敵に微笑みながら大きく頷く。

 

f:id:zitumiki:20170202165629p:image

 

 

国木田

『 宜しい。…そうですね。まず歴史も答えになりますが…それだと部分点のみの正答です。

…そして 今 伊月くんがきいた定義を明確にすることは…正直困難です。

私が今言った”世界の真実”は…一般的には歴史をさしますが…

 

…しかし真実の殆どは人の意思によって構成されています。

 

その点を念頭においてください。

「疑え」とは言いません。

けれども情報をただ鵜呑みにせず、自身で調べ 考えることをやめないでください…

…講義から脱線してしまいましたね…

さて 再開します』

 

 

当時の僕たち3人は その話をただポカンと聞いているだけだった。

If あの時”怒り”を我慢しなければ…

今週のお題「私のタラレバ」

 

 

たられば…

『もしあの時 こうしていれば…』という意味ですね〜

 

私は 過去の記事でも書いたかもしれませんが

『If (もし あの時)の 話しはしない』と言う規則を自身へ設けています。

 

 

しかしそれでも いくつもの たられば話しはあります。

 

 

そのうちの一点で

ここ最近 強く思うことがあります。

 

 

端的に話しますと私こと くるーは 八方美人的であり、同時に利用しやすい または利用されやすいたちらしいです苦笑

 

 

そのなかでも 過去の学生時代の卒業生合同発表作成の際のこと

 

私は 合同発表作品作成以外に

やらなければいけないことが、学生代表としてや卒業後のことも含め 

とにかく多々あり とても発表作品づくりへは主軸となって作成に携わることができないほどでした。

 

なのでそのことを同班メンバーへ伝えた上で班を組み、 作成をお願いするも…

 

 

『 …大丈夫 大丈夫! くるーならできるから』と意味不明なことを言ったと思ったら…

 

 

作成期間中

作成班の元へ足を運ぶ度 駄弁ってくだらない話しをしているだけ…

 

 

愕然ですよ!?

 

 

『どこまで進んだ?』ときくと

『 分からない』や『なにやれば良いの?』であったり…

 

その場はとりあえず指示を出し また他へ行って戻ってくると

…なに一つできていない…

 

『 指示されたことが分からない』や『文章がまとめられない』など言っていたり

 

結局 半泣きになりながら自身で(とてもとても陳腐な)作品を作りました。

 

 

その際 結局私は そのメンバーへ

『お前達がなにもやらないからこんなにも酷い作品になってしまったんだよ!』と何度も 何度もキレたかったです。

 

なのに”良い顔をしすぎ”な故にそれができなかった。

 

(今なら”それ”ができると思いますが(ーー;) )

 

 f:id:zitumiki:20170202134418j:image

 

今にして思えば そのメンバーへは怒りよりも憐れみみたいな感じを覚えます。

 

 

くるー

(あの人達はきっと今頃もあの頃と同じように他人を上手く利用してやっているんだろうなー)と

 

 

( ̄▽ ̄)