灰色の国 (くるー)

創作小説をはじめ、その他徒然と書いています。

言の葉

 

争いの口火を引き立てるのはまず言葉だ

 

憎悪 嫉妬 正しいと思いこんでいる思想 報復

 

どれもこれも もとをたどればいつだって

これらの感情を煽る扇動者の言葉が

すべての始まりなんだ

 

 f:id:zitumiki:20180211120941j:image

 

???

『 言葉は力…力は使い方を誤れば凶器になる。』

 

先代曰くなんだろうな

 

先代

『 言葉をおろそかにする者は、いつか報いを受ける。 それには気をつけなさい 』

永遠に続くことはないってこと

 

田園の中

一羽のとりがいつもいる

いつも 一羽でそこにいる。

 

雨でも晴れても関係なく

いつも一羽でそこにいる。

 

 

f:id:zitumiki:20170610204704j:image

 

ある日田園から
一羽のとりは消えていた。

 

何処へ行ったかわからない。
ただそこからはいなかった。

 

当たり前に続いていくことなんてないはずなのに
私はいつも

なくなったから
そこに気づく

 

 

物申します。 学歴と奨学金について

 

電車でも、ネットの広告でも…

最近 見るたびにモヤモヤとする広告があります。

それは

『 通学不要! 学歴とって 年収アップ 』的な広告です。

 

勤めはじめてからは

給料と学歴がほぼイコールであると痛感しました。

 

特に、適当に仕事をしている人たちが、学歴だけの理由で自分より給料がいいと思うと多々

 

くるー『 …やってられるか?!!!』となることもありました。

 

(現在は、自分やその人たちの昇給関係で、ある程度は納得できる感じにはなりましたが笑)

 

f:id:zitumiki:20180121101416j:image

 

話しはされましたが

年収を上げるために大学へ

 

勤めながら大学等で勉強することは、例え年収をあげるための理由とは言え

個人的には良いと思います。

仕事と勉強を両立させるという苦労をしてまで年収をあげようとしているのですから

 

そこよりも

『大学をでていれば 高卒より給与が良い』や『だからとりあえず大学へ』といった考え方が納得いきません。

 

センター試験終了後にこんな話題は良いのかと思いますが、

本当に全員が勉強をしたくて進学した人たちなのか?や

逆に勉強をしたくても、金銭的な関係で進学

または希望先へ入学できないという人はどれぐらいいるのでしょうか?

 

国が定めている 日本学生支援機構奨学金制度

奨学金という名の学資ローン(°▽°)

 

返済には大体の方が10年ほどかかるともききます。

 

『子どもの未来はその国の未来でもあります』

あるお寺の住職さんの説法の中にありました。

 

どうかその部分を

お国の偉いからには頭の脳核レベルで理解してもらいたいです!

自己絶望

 

亡くなる者必ずあり

死は平等に訪れる。

永遠に生きるものなどなく

有限の生であるが故

人は 強くあろうと 強く生きようともする。

 

理解あるつもりだったけれども

まだ足りていないようで

 

f:id:zitumiki:20180106203750j:image

 

亡くなったことより

故人に

"置いていかれてしまった"と思ってしまう。

 

自分はそういう人間なのだと

ここに来てようやく理解する。

深海生物

 

真冬の夜

突き刺すような冷気と 澄んだ空気

それによって遠く 遠くまで見渡すことのできる夜景

 

時折 車のヘッドライトが ゆらゆらと

泳ぐが如く 流れてゆく

 

f:id:zitumiki:20180102202513j:image

 

不安 緊張 焦燥感

深海のようなこの中でなら

少しだけだけど 抱きしめていける

ひとつのかたち

 

いつもの他愛もない会話

いつものつまらない喧嘩

そして仲直りをする

 

それを繰り返していると

「また元通りになれる」と

御都合主義的に、そして自動思考的に考えてしまう。

 

f:id:zitumiki:20180101194443j:image

 

「いつもいる人、いつもあるものが 絶対に

元に戻る保証なんてどこにもないのに」と

どこか 遠くから聞こえた気がして 

それでも聞こえないフリをして

 

「 強く 楽しく これからも! 」

今週のお題「2018年の抱負」

 

2018年の抱負は

「 強く 楽しく これからも !」…です

 

…とても曖昧は言葉で書きましたけれど、 

様々な含みもあってこの抱負にしました。

 

理由は…

今年(2017年)は 後悔も、衝突もありながらも それでも

確実に前に歩めたと思える一年でした。

その結果 なんやかんや 楽しい一年となりました。

 

来年 2018年も

欲張りな私 くるー は

この楽しいを続けながら まだまだ楽しみたいのです(苦笑)

 

そして2018年は 今現在の"みえている現状"からも難所が数カ所あります…

 

 f:id:zitumiki:20171231192539j:image

 

 

闘います…! 歩みは止めません! 抗い続けます…!

 

私の最近のマントラ 

「誇りをもつこと。多少つらいことがあっても、前を向いていなさい。強がりでも、ただの意地でもいい。そうしていればいつか悲しいことは去って行くだろう」じいじ/TRUE REMEMBRANCE